« デジタル一眼レフカメラ(つづき) | トップページ | レンズ選び »

2009年9月 2日 (水)

PENTAX K-7

散々悩んだデジタル一眼レフ選びだが…(→8/25,8/27
今手元にあるのはPENTAX K-7である。

Dsc013571

やはりカメラ屋で見せてもらった写真の色合いに魅かれたことの他に、
将来的にレンズを揃えることを考えた際に、何となくワクワク
して来たのがPENTAXのレンズ群だったことが大きかった。
CanonNikonに比べると決して多くはないラインアップであるが、
ズームにしても単焦点にしても、その描写に定評のあるLimitedシリーズ
にしても、手ぶれ補正機能がボディ側に付いていることもあって、
小型軽量コストパフォーマンスに優れたレンズが多い。
Lレンズ等の高額レンズには手が出せない私にとって、
PENTAXレンズのその性能の割に手頃な価格は非常に魅力的だった。

カメラ業界2大巨頭であるCanonNikon
家電業界から参入して来てシェアを伸ばしつつある
SONYPanasonicに比べると何となくマイナーPENTAXであるが、
数十年前の旭光学工業の時代に遡れば、日本初の一眼レフを初め
世界初の技術を数々出す等、超メジャーなメーカーだったようである。
(残念ながら私自身はフィルム時代にも小型軽量で安価なカメラを
 作っていたという印象しかないが…)

さて、そんなPENTAXが技術を結集して作り上げたと言われる
K-7であるが、その人気が凄いのか、PENTAXの生産能力が低いのか、
(恐らくその両方だと思われるが…)
発売から1ヶ月以上が経っても品薄状態が解消されておらず、
私の場合は盆休みを挟んでしまったこともあって、
予約をしてから結局3週間経ってやっと手に入れることが出来た。
実際に自分のカメラとして手にした最初の印象は、
その剛性感の高さであった。
今まで使っていたEOS7金属製ボディであったが、
EOS7のアルミに対してK-7はマグネシウム合金であることの差なのか、
より剛性が高い様な気がした。

これからこのK-7を持ち出してどんな写真を撮ってみようか、
考えるだけでもワクワクする。
しかしここで高いハードルが…
何と言っても初めてのデジタル一眼レフ。
今まで弄ったことのない設定が色々ある上に、数も多い!
一体何をどうすればどうなるのか…??
まずは勉強から始めなければ… 

|

« デジタル一眼レフカメラ(つづき) | トップページ | レンズ選び »

7.カメラ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX K-7:

« デジタル一眼レフカメラ(つづき) | トップページ | レンズ選び »